学生インタビュー

看護学科

コミュニケーションを通して、患者さんの気持ちに寄り添う看護師になりたい

原 音央さん 
保健医療学部 看護学科4年(北海道科学大学高校出身)

オープンキャンパスで出会った学生サポーターの雰囲気が良く、実習先が札幌市内にある点や通いやすさなどに魅力を感じ、日本医療大学に進学しました。 解剖学は自分の体に照らし合わせて学習できるところが面白く、印象に残っている授業です。また、母性看護・小児看護の授業を通じて自分の母の強さを再認識し、赤ちゃんを見る視点が変わりました。 教員や職員の方もとても気さくで何かと気にかけてくださるので、伸び伸びと勉強することができました。3年間学んできた中で、やっぱり友達と過ごした日々が一番思い出に残っています。みんなで助け合いながらたくさんの課題やテストに取り組んだことや、ともに乗り越えて笑い合ったことなど、全ての経験が、この先もずっと自分の財産になると思います。 看護師は、表情や言葉で患者さんの気持ちをうまく引き出すことができるコミュニケーションのプロフェッショナル。私も将来そんな看護師になって、患者さんを心身ともに支えたいと思います。そのためにも残りの日々を、実習で直接患者さんと直接触れ合う機会を今まで以上に大切にし、復習と実技の反復練習を欠かさず行い、確実に知識と技術を身につけ国家試験合格を目指します。

リハビリテーション学科 理学療法学専攻

医療資源が少ない地域で高齢者を支えていきたい。

千谷 卓充さん 
保健医療学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻4年(北見柏陽高校出身)

本学の前身である日本福祉リハビリテーション学院で理学療法士を目指していた姉に憧れて進学を決めました。 これまで最も面白かった授業は、軟部組織治療学と徒手関節治療学。2年次には検査して評価することの難しさと楽しさを学び、3年次には具体的な治療について学び、面白さを感じました。普段自分たちが行っているストレッチやマッサージの基礎や具体的な手技、症状に合わせた治療手技を選択するための知識を学び、机の上の医療人から現場の医療人へと近づくことができたと思います。 大学生活で印象に残っているのは、学友会の活動で大学祭や球技大会などのイベントを運営したこと。昨年はコロナ禍で実施できませんでしたが、2年次には運営に携わり、良い経験ができました。 卒業後は、地元で就職して高齢者が安全に生き生きと過ごすための手助けをしたいと考えています。そのためにも、実習や日常生活を通して、高齢者がおかれている状況や問題などにアンテナを張りながら勉強を進めていきたいです。医療資源が少ない地域で高齢者の健康な生活を支えていくことが、医学と社会生活の橋渡しをする理学療法士としての役割だと考えています。

リハビリテーション学科 作業療法学専攻

人と作業と生活をつなぎ、支える作業療法士が目標

林 あかりさん 
保健医療学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻4年(札幌大谷高校出身)

高校の進路相談会で本学を知り、オープンキャンパスに行ってみると、先輩方の優しく明るい表情が印象的で、臨床現場の第一線で活躍する先生方が近くにいる安心感を覚え、この大学でなら専門的な知識の勉強から国家試験の対策まで徹底的に取り組めると感じました。実技・演習系の授業は、座学よりも具体的なイメージを持つことができ、実際に手技を行ってみて難しさを感じたり、逆に手技を受ける患者さんの立場を経験して、どう感じるかを学べる機会でもありました。日本医療大学は、先輩、後輩にかかわらず、積極的に交流がある学びの場。ここで身につけたコミュニケーション能力は、社会に出てからも必要な能力になってくるのではと思っています。また、通常の勉強に加えて実践的な知識を教わる機会が多いと思います。今の目標は、人と作業と生活をつなげられるような作業療法士になること。病気やケガなどのハンディがあっても、自分らしく生きたい人の希望を実現できるように支援していきたいです。そのためにも、今までの知識の総復習を徹底的に行い、さまざまな考え方に意識的に触れ、知見を広げていきたいと思います。

診療放射線学科

放射線について分かりやすく丁寧に伝えられる技師を目指していきたい。

加藤 蓮弥さん 
保健医療学部 診療放射線学科4年(札幌日本大学高校出身)

高校時代、サッカー部で何度もケガをして病院でCTやM RIを撮ってもらううちに、放射線技師を身近に感じるようになり、気づけば憧れの存在になっていました。日本医療大学は、進学先を探し始めて最初に見つけた大学。まだ新しい大学であり、最新の設備が整っているところに魅力を感じ、迷いなく選びました。1・2 年次は座学を中心に基礎を徹底的に学習。3 年次から実習や演習を通して、さまざまな機器に触れています。X線を使ったレントゲンやCT検査など、これまで見たことのある装置を使う演習は、現場が近く感じて、気持ちが高まります。放射線診療の装置は想像以上に操作が複雑で難しくもありますが、覚えていく全ての知識が新しく、4年生になってからも新鮮さと面白さを日々感じています。ここからの1年間は、4年間の集大成として国家資格の取得に向けて全力を注いでいきたいと思っています。また、実習に向けても2年次までに学んだ撮影の体位やポジショニングといった基礎を改めて復習し、現場でスムーズに対応できるよう努めていきます。目指すのは、患者さんにきちんと分かりやすく説明ができる放射線技師。そのためにも、分からないことを分からないままにせず、今できることをしっかりと吸収しておきたいです。

PAGE TOP