学生インタビュー

看護学科

先生や仲間がいたからつらいことも乗り越えられた。夢はフライトナースになることです

青木 くるみさん 
保健医療学部 看護学科4年(市立札幌清田高校出身)

看護師を目指していくつかのオープンキャンパスに参加しました。その中でも特に、先輩や先生の雰囲気が良い本学に親近感が湧きました。その印象は入学後も変わらず、先生に相談や質問などを気軽にできてとても助けられました。定期試験と実習は本当に辛くてしんどいことが多く、弱音を吐くこともありましたが、同じ夢を目指す仲間がいるから頑張ることができました。泊まり込みで勉強したり、テレビ電話で教え合ったりしながら乗り越えた経験は、看護学生でしか味わうことのできない濃厚な時間だったと思います。
私の夢は、ドクターヘリで救命医療に携わるフライトナースになることです。幼い頃に亡くなった父がドクターヘリのお世話になった記憶も影響しているかもしれません。フライトナースは看護師の中でも専門性が高く、道内のドクターヘリの基地病院はごく少数です。フライトナースを目指すには、まず看護師として一人前にならなくてはなりません。残りの実習などを通して発信力やリーダーシップを養い、医療現場で頼りにされる看護師となり、いつか夢をかなえたいと思います。

リハビリテーション学科 理学療法学専攻

理学療法士になりたい。技術を磨き、患者さんの心に寄り添いたい。その情熱が学びの原動力

晴柀 秀哉さん 
保健医療学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻4年(旭川永嶺高校出身)

高校2年の時に腰を痛めてバスケット部を引退し、アシスタントコーチとして部活に関わる中でリハビリに興味を持ちました。同時期に祖母が体を壊し、超高齢社会において理学療法士は今後も必要とされるのではないかと思ったのです。
1年生は基礎的な学びが中心でしたが、2年生の「評価学」では理学療法の核となる検査や問診、測定などの方法を学び、理学療法士を目指す実感が湧いてきました。「理学療法士になりたい」という情熱を忘れず、授業に意欲的に臨むことで知識や技術が確実に身についたと実感しています。テスト週間に友人と泊まり込みや電話で猛勉強したのも良い思い出です。
3年生の実習でプロの仕事ぶりを見て、卓越した高度な技術で患者さんの障がいや傷害を治療できる理学療法士になりたい、自分も経験した「動けないつらさ」に寄り添いたいと改めて思いました。技術は勉強を重ねて身につけていくつもりですが、患者さんの心に寄り添うことは決して簡単ではありません。大学生活や実習などでコミュニケーション能力をさらに磨き、患者さんの心に少しでも近づけるよう努力したいと思います。

リハビリテーション学科 作業療法学専攻

忘れられない講義や実習の数々。自分の未熟さを知ることも大切な学びとなりました

林 明日葉さん 
保健医療学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻4年(札幌月寒高校出身)

3年生で実技演習が増え、経験を通して学ぶことが多くなりました。人としての反応や動き方などの生物学的な視点から学んだ作業療法治療学特論、社会の実情を踏まえた臨床的な作業療法を学んだ高齢期作業療法学などを通して、作業療法士としての社会貢献や患者さんとの関わりで大切にすべきことを考えさせられました。初めての臨床実習では自分の未熟さを痛感しましたが、最終日に患者さんが泣きながら感謝の言葉を贈ってくださったことが忘れられません。
毎日の講義や実習で覚えるべきことはたくさんありますが、自分にとって「忘れたくないこと」の優先順位をつけることで本気で学びたいことが定着し、スキルアップにもつながることを実感しました。本学は個々の自由を尊重してくれると同時に、3年生からはいっそう手厚くサポートしていただき、学生の将来に対して真摯に向き合ってくれる大学だと改めて感じています。残り1年間、各専門分野での実習を通して作業療法士の役割や魅力を再確認するとともに、国家試験を突破してプロの作業療法士として患者さんを支援するための基礎を固めたいと思っています。

診療放射線学科

「入学してよかった」そう思える出会いがあった。まずは国家試験を突破して技師としての可能性を広げたい

海老原 泰河さん 
保健医療学部 診療放射線学科4年(千歳高校出身)

進路を決めかねていた高3の秋、友人が本学科に進学すると聞いて興味を持ちました。同じ頃に好きな格闘技選手ががんで亡くなったことも、放射線医学を意識するきっかけになったと思います。入学動機はあいまいでしたが、共に学び合える仲間と、親身に指導してくださる先生方と出会い、この大学に来てよかったと思えるようになりました。研究室を訪れて先生に質問したり、仲間と一緒に復習したりするうちに勉強が楽しくなり、診療放射線技師を目指すモチベーションが明確になったのです。
これまでコロナ禍で実習に行けず、この7月にやっと学外実習が実現します。職員の方々や患者さんとじかに接するのは少し緊張しますが、さまざまな人とコミュニケーションしながら、現場でしか学べないことをたくさん吸収してくるつもりです。将来は大学院進学の可能性も踏まえ、総合病院で幅広い経験を積みたいと考えています。その第一歩が国家試験合格ですが、昨年度は合格率が上がったと聞き、「先輩たちに続かなければ!」という思いが大きくなっています。趣味のドライブやギターで気分転換しながら、合格を目指して頑張ります。

臨床検査学科

学問だけでなく人間的成長も大切に修練を重ねていきたい

宮崎 隼さん 
保健医療学部 臨床検査学科2年(函館ラ・サール高校出身)

常に学生を気にかけ、質問に丁寧に応えてくださる先生方の存在は本学の魅力のひとつです。今は基礎分野が中心とはいえ、専門職を目指す学修は決して容易ではありません。座学の学びを今後の実習で体験的に習得し、学問だけでなく人間的成長も大切にしながら、修練を重ねていきたいと考えています。

患者さんの気持ちに寄り添う臨床検査技師を目指します

宮下 優心さん 
保健医療学部 臨床検査学科1年(釧路湖陵高校出身)

臨床検査技師は医療職の中でも予防医療に関われると知り、興味を持ちました。授業は高校で学んだ内容をベースに、プリントなどを使ってわかりやすく教えていただけます。専門科目はもちろん、心理学などを通して患者さんの気持ちへの理解を深め、病に苦しむ人に寄り添える臨床検査技師になりたいです。

臨床工学科

A Iの時代に人の手で医療を支えたい。優れた教員陣と充実したカリキュラムで、モチベーションが上がります

小林 莉玖さん 
保健医療学部 臨床工学科1年(旭川西高校出身)

新型コロナウイルス感染症の治療に必要な医療機器「ECMO(エクモ)」を操作する臨床工学技士の仕事を知り、どんなにAI が進化しても人の手でしか行えず、AIを活用して医療に貢献できる点に興味を持ちました。本学のオープンキャンパスは明るい雰囲気で模擬授業も楽しく、優れた経歴を持つ先生方も入学の決め手になりました。カリキュラムは自由度が高く、予習復習の時間を十分考えられていて、モチベーションが上がります。まずは来年のME 2種検定、そして4年後の国家試験合格を目指して頑張ります。

最新の設備とチーム医療を学べる環境が魅力。1期生として仲間とともに歴史を作り、将来は研究や教育に携わりたい

今田 早耶さん 
保健医療学部 臨床工学科1年(帯広大谷高校出身)

家族の入院がきっかけで医療職を意識するようになり、TVドラマで知った臨床工学技士の仕事に興味を持ちました。本学の新キャンパスは最新の設備が揃っていて、他学科との連携を通してチーム医療を学べる点が魅力でした。オンライン授業を行う大学も多い中、本学では対面授業で手厚く指導してもらえるので心強く感じます。同じ目標を持つ仲間とともに、1期生として学科の歴史を作っていくことがとても楽しみです。将来は臨床現場で経験を積み、大学院に進学して研究や教育に携わりたいと考えています。

介護福祉マネジメント学科

高齢社会を支えるために介護職を本気で目指したい。一期生として未来を創る楽しみでいっぱいです

塩田 心凛さん 
総合福祉学部 介護福祉マネジメント学科1年(札幌光星高校出身)

小学生の時に曽祖母の介護を通して介護職に興味を持ち、高校生になって高齢社会に必要な職業として本気で志すようになりました。本学のオープンキャンパスに参加し、充実した施設とアットホームな雰囲気に惹かれる中、本学科が新設されると知って「ここしかない!」と入学を決めました。
介護福祉士だけでなく簿記などさまざまな資格を取得し、介護の現場で活躍できるスキルを身につけたいと思っています。一期生で先輩がいない不安もありますが、仲間との強い絆を育み、自分たちで未来を創っていくのが楽しみです。

介護の「いま」を体感できるキャンパスで介護と経営のスキルを学び、地域ぐるみで介護を支える社会を創りたい

真鍋 諒大さん 
総合福祉学部 介護福祉マネジメント学科1年(札幌新川高校出身)

テレビで介護の人材不足を知り、自分が行動することで介護の未来を変えたいと思うようになりました。本学科は介護福祉士に加え、介護現場のマネジメントや施設経営に役立つスキルを学ぶことができ、将来の可能性が広がることが入学の決め手になりました。
本学科は専門分野で実績を持つ素晴らしい先生が多く、授業はとても聞き応えがあります。介護老人保健施設などが隣接しており、介護の「いま」を体感できる環境にも恵まれています。将来は自ら社会福祉法人を設立し、地域ぐるみで介護を支える社会を作っていきたいです。

ソーシャルワーク学科

社会福祉の立場で人を支えたい。専門性と人間性に磨きをかけて相談者が心を開いて話せる存在を目指します

高橋 陽月さん 
総合福祉学部 ソーシャルワーク学科1年(幕別清陵高校出身)

医療職志望でしたが血や患部を見るのが苦手で迷っていたところ、高校の先生から本学科が新設されると聞きました。ソーシャルワーカーは治療に直接関わらないけれど、社会福祉の立場から患者さんとご家族を支えることを知り、チャレンジしてみようと思いました。
新学科であるため、先生が一人ひとりに親身に接してくださいます。「いつでも研究室においで」と言っていただき、緊張が和らぎました。4年間で専門性と人間性に磨きをかけ、相談者さんが安心して心を開けるソーシャルワーカーを目指します。

新学科は可能性にあふれている。勉強もサークル活動も全力で楽しみ将来は施設経営にチャレンジしたい

新 天我さん 
総合福祉学部 ソーシャルワーク学科1年(旭川実業高校出身)

本学科の先生からお話を聞く機会があり、ソーシャルワーカーの社会的意義や将来性などを知って興味を持ちました。技術や知識だけでなく人間性の育成も大切にする日本医療大学の教育理念に共感したことも、入学の決め手になりました。
新しいことにチャレンジするのが好きなので、1期生として未来を創っていくことにワクワクしています。今後はフットサルサークルを立ち上げ、他学科とも交流を深めていきたいです。卒業後はソーシャルワーカーとして経験を積み、施設経営に携わるのが目標です。

PAGE TOP